サプリで大腸がん予防

腹痛

薬に頼らない便秘の改善

近年、胃がんや肺がん同様、罹患後の死亡率が高いのが大腸癌ですが、以前は男性の罹患者が多かったのですが、ここ数年女性の罹患者が増えています。大腸癌の要因となる一つに便秘があります。便秘は様々な要因で起こり、3日以上一度も排便が無い状況で便秘の症状と言えます。便が腸内で停滞することで、水分の吸収のみが進み、腸内で便が硬くなることで便秘となります。既に大腸癌が腸内で肥大化して狭窄や閉塞を起こしていると便秘という症状が出ます。いずれにしても便秘は消化管の異常のシグナルで、早期で便秘解消をしなければいけません。一般的には便秘薬や浣腸を使用することが多く、即効性が期待できますが、薬剤に依存することで便秘が慢性的となる懸念や、副作用の懸念も否めません。慢性的な便秘となると薬を使っても無理に排泄しなければいけなくなります。便秘改善のためにサプリメントを使用する方法もあり、腸内環境の修復を図り、薬に頼らずにスムーズな排便を促します。治療と異なりサプリメントはあくまで上乗せの効果を期待するものですが、慢性的な便秘の人は腸の活動が弱っており、腸内の環境改善をする必要があります。便秘改善を目的にするサプリメントには腸内環境を整え、排便をスムーズにする成分が含まれています。極度の便秘の人は便秘薬との併用したり、徐々に便秘を減らしサプリメントを増やしてゆくことで便秘改善に向かわせるということも良いでしょう。便秘改善はお肌をきれいにする効果もあり、免疫力を高める効果も期待できます。